スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004年課題曲

遡って2004年。まだ僕が吹奏楽を始める前の話なので、
当時のコンクールの状況などはほとんど知りません。
けれど「笑ってコラえて」の吹奏楽の旅がちょうど放送されていて、
僕も少しだけ見た記憶があります。なんだか懐かしいなあ。
という訳で(?)何となくレビューのような何かを今日も綴ってみます。

1.吹奏楽のための「風之舞」 (福田洋介)
上で述べた吹奏楽の旅で取りあげられた学校が演奏していたはず。この年のコンクールのプログラム等を調べてみると、多くの団体がこれを演奏していたことが分かりますね。自分も、中高でこれを聞いたら多分気に入っていただろうと思います。この辺りの代の人にとっては課題曲といえばこれ!なのかもしれません。和風な曲で、出だしもキャッチーで耳に残ります。現在でも小編成の部で、コンクール曲として演奏されていることからも、人気の高さが伺えます。福田氏の作品の「華円舞」という金管アンサンブル曲も僕のお気に入りなのですが、
この方の曲は完成度が高いなあといつも思っています。2012年の「さくらのうた」もありましたし、今後また氏の作品を課題曲として見るかもしれませんね。

2.エアーズ (田嶋勉)
風之舞の人気と、この曲の難しさからか、演奏頻度は少なかったようですが、こちらもここ10年の課題曲の中でも名曲だと思います。・・・もうこの年から10年経ってるのかあ、と思うと感慨深いものがあります。まあ当時僕11歳ですし、冒頭に述べた通り吹奏楽をやってすらいないので、この年の課題曲自体には思い出はないですが、この10年でも色あせない曲だなあと思っています。高音木管による、この曲のテーマの一つとなっているメロディや、勇壮なトロンボーン(ユーフォもあるよ!)のファンファーレ的な部分、それに中間部。作曲者の田島氏も課題曲でよく名前を見る方ですし、またこの方の曲があるといいなあ。「ピッコロマーチ」「汐風のマーチ」とマーチが続いているので、次はマーチ以外の曲が来るかな、と個人的に予想してたり。この曲は上手く見せるのはかなり大変なんだろうなと。ごまかせない響きが多いので。そのせいか演奏頻度は低かったようですね。

3.祈りの旅 (北爪道夫)
とても繊細な曲。ほかにもっと詳しい方が解説しているページがあるので詳細は省きますが、ドリア旋法などの普通の音階とは違うものが使われていて独特の響きを持っています。こういう曲はちゃんとそれを理解しているかどうかで演奏も変わってくるんでしょうか。そこも作曲者の意図なのかも。全体的に静かな曲ですが、曲のエネルギーのようなものは着実に積み重なっていっていて、一曲通して溜めたエネルギーが終わりの和音で放出されるような、そんな曲。こういった曲は案外少ないかも?この年のこの曲は風之舞に隠れてしまっているきらいがありますが、しっかり受け継がれていってほしいなとも思いますね。少しだけ欲を言えば、他の北爪氏の作品(フェスタや風の国)に比べて物足りないかなと言う気持ちもあります。やっぱり課題曲という制約の元では厳しいものがあるのかも。

4.鳥たちの神話 (藤井修)
情景が浮かぶ分かりやすい曲。場面転換もはっきりしていますし、なかなか面白い曲。この年は1番以外音の重なりが比較的薄いですね。この曲も中間部に激しい部分があるものの、それ以外は合わせづらかったのかも。もっと言うと、1番もところどころ薄いところがあるので、この年の課題曲は、吹奏楽初心者にとってはやや難しく感じられたのかも。


5.サード (田淵浩二)
音の重なりが薄い、というかほとんどソロ!非常に難しい曲ですね。演奏した団体もかなり少ないですし。
16分の12拍子で進むこの曲、切れ目のない16分音符がかなり重要だったのでしょう。しかし別の楽器に旋律を「受け渡す」時に、フレーズが切れないように演奏するのは聞いている以上に難しいもの。繰り返しも多いですし、いわゆる「魅せる」演奏は難しかったのでは。そんな中全国大会でこれを演奏しCDに残っている団体はすごいなあと思いますね。

ぱっと聞いてキャッチーな曲が多いものの、コンクールで「上手い」演奏をするのは大変だったのかも。
そんな印象のこの年の課題曲。
少数派とは思いますが、「サード」はかなり好きな曲です。演奏される機会は今後ほぼないかもしれませんが、もしあれば飛んででもその演奏会に行きたいですね(笑)
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。