スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年課題曲 ~逆行シリーズ~

年を逆行して課題曲の思い出に浸るシリーズです。
今命名しました。今日は2012年の吹奏楽コンクール課題曲に思いを馳せてみます。
・・・演奏には携わっていないんですがね(苦笑)
実は2012年の課題曲については二回くらい触れてます。
一回目がここで、曲名が発表されただけの時に予想したもの。
二回目がここで、一分間試聴が始まった時に書いたもの。
ですが曲全体を聞いた時の感想は書いてませんでしたね。せっかくなのでここで・・・

Ⅰ.さくらのうた(福田洋介)
「うた」ということで、歌詞が付きそう、というか、合唱曲として歌詞をつける計画を本人がどこかで発表していたような。そこは記憶が定かではありませんが、非常にきれいに、丁寧に書かれた曲だと思います。音の薄さからか、コンクールでは敬遠されてしまったようですが、これは2012コンクール以降の吹奏楽レパートリーの一つになってもよいのでは、とそのころ思いました。この曲が今どれだけ演奏されているかは知りませんが、少なくとも僕は好きな曲です。
このオーケストレーションゆえ、綺麗に演奏するのはやはり難しいのでしょうが、心に残る一曲だと思います。

Ⅱ.よろこびへ歩き出せ(土井康司)
こちらも綺麗な響きの曲。こちらも中間部の音の薄さがネックだったのでしょうか。余りコンクールで聞けなかった記憶が。近年のマーチの中では緩やかなほうのテンポ。「ウィナーズ」ぶりだったかな?
他の課題曲にあまり見られない響きだったと思うので、これもなかなか異彩を放つ課題曲になったのではないでしょうか。

Ⅲ.吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」(足立正)
文字通り落語の寿限無にのせたリズムの曲。いわゆる民謡ものの課題曲に近い雰囲気でしたかね。
当時聞いた時は、中間部がやや物足りなく感じた、というのが正直な感想。もう一展開あると、もっと面白かったかもと思ってしまいました。ですが、コンセプトの面白さと耳馴染みのよさはあるので、これもやっぱり面白い課題曲でしたね。


Ⅳ.行進曲「希望の空」(和田信)
8分の6拍子のオーソドックスな構成のマーチ。タイトルの「希望の空」が感じられるメロディですね。スタンダードとはいえ侮れない一曲。それまで8分の6が少なかったので、その新鮮さもあって印象に残っています。もっと8分の6が増えるかもしれませんね。

Ⅴ.香り立つ刹那(長生淳)
課題曲ということでやや時間に制約があるものの、非常によく出来た曲だなあと思った記憶があります。実際に演奏した人に聞くと、初めはかなり難しかったものの、慣れてくるとこの曲の面白さがどんどん分かったとのことで、やはり一筋縄ではいかない曲の奥深さと、それに伴って分かる曲を研究することの面白さが詰まっていて、課題曲としてもうってつけのものだったのかもしれません。そういう意味で作曲者の意図はきちんと伝わっているようでした。個人的にも好きな曲です。

2012年の課題曲は、聴きやすく、それでいて奥深いものがありましたね。
Ⅳのようにスタンダードなものも、丁寧に書かれているおかげか良い印象を持っています。
今で言う「風紋」や「風の舞」くらいに、吹奏楽のレパートリーの一つになる曲が、今後の課題曲で生まれるといいなと思っているのですが、此の年はそれにずいぶん近かったのではないかと思います。




スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。