スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代音楽の楽しみ方(を解説するわけではありません)

昔は現代的な音楽は避けていたんですが、


三善晃さんの「交響三章」や「クロス・バイ・マーチ」を聞いてからいろいろ興味を持ち始めました。


田村文生さんの「饗応夫人 太宰治作『饗応夫人』のための音楽」や


伊佐治直さんの「夕焼けリバースJB急行」などが最近の(自分的)ヒット作です。


ただ、武満徹さんの「カーテン・レイン」や柴田南雄さんの「エッセイ」はまだ自分には理解できませんでした。(ぇ


まだまだ音楽は奥深いんですね。


伊佐治氏はまだまだ作品が少ないみたいなのでこれからも楽しみにしたいです。


ほかには、来年の課題曲Ⅴにも期待です。


外国で言うと、ストラヴィンスキーの音楽も現代的なものが結構あるみたいですね。


あと、モーツァルト作の「音楽の冗談」も今となっては現代的(ふつうはやらないことをやる)なんでしょうか・・・?


とにかく、形式にとらわれない、不思議(?)な曲にこれからも期待です。(そうか
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。