スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルルの女 第2組曲

アルルの女 第2組曲は、ジョルジュ・ビゼーの作曲・・・ですが、


完成させたのはビゼーの友人のエルネスト・ギローという人です。


Pastrale(パストラール)、Intermezzo(間奏曲)、


Menuet(メヌエット)、Farandole(ファランドール)


の4曲で成り立っています。


ファランドールは特に有名な部分で、テレビ番組の音楽などにもたまに使われています。


また、クラシックの中でサクソホーンを用いた最も古い曲とも言われています。


間奏曲は力強いトゥッティの後、ホルンの美しいメロディが奏でられます。


パストラールは、低音に乗せて刻まれるメロディのあと、フルートやオーボエ、ホルンなどのソロ、


その後、また低音に乗せて最初のメロディが刻まれ、3拍子の曲に変化します。




WAVEファイルが再生できませんでした


上のリズムに乗せてフルート・ピッコロでメロディが演奏されます。


鑑賞にお勧めの曲です。


ちなみに、演奏される楽器はここで紹介しているものと違うこともあるかもしれません。


力強い、とか美しいとかあいまいな表現が多いですが、ご勘弁ください。(汗




FC2ブログランキング参加中。


人気ブログランキング参加中。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。