スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年度吹奏楽コンクール課題曲

2015年度吹奏楽コンクール課題曲のCDとフルスコア集が一昨日届きました。
早速聞いてみたのでちょっとした感想をば。

Ⅰ. 天空の旅 -吹奏楽のための譚詩-
印象は冒頭一分だけの時とさほど変わらず。会報のに出てくる「祈り」という言葉からの印象は中間部に現れているように思います。曲の構成としては、「天空の旅」という題名から想起されるような勇壮な旋律のある前半部分、サックスやフルート、ユーフォニアムのソロも交え、祈りを表していると思われる中間部。後半はまた前半と同じ旋律が始まりますが、楽器の数が増えます。コーダに当たる部分で主題が変ロから変イに転調し、最後はもう一度変ロに戻って終わります。こんなかんじで構成はいたって単純ですね。ざっくり言えばスウェアリンジェンの曲っぽいです。
僕としては物足りないのですが課題曲ですしこんなものなのかなと。やりたいことは自由曲でやってくれということかもしれません。技術的に難しいところもないですし、曲を通すことは楽でしょうね。朝日作曲賞の要件には確かにぴったりかも。

Ⅱ.マーチ「春の道を歩こう」
こちらも冒頭一分の時と印象は変わらず。課題曲によくあるマーチですね。
通すことも簡単だと思いますし、演奏時間も短いですからおそらくこれを選ぶ団体が1番多いと思います。
Ⅰ、Ⅱは自由曲に重きをおく場合の選曲かもしれません。
ただそういう曲ばかり増えてしまうと課題曲を設定する意味が薄れてしまうような。Ⅰの個性が薄めなのでちょっぴり残念。

Ⅲ.秘儀III -旋回舞踊のためのヘテロフォニー
作曲者のエッセイ通り、曲を通じて二拍目にアクセントのある三拍子が続きます。後半にはテンポ変化も少しあります。前も書きましたが音楽的なことや曲の背景のことなど基本は会報に書いてありますね。
「ずれ」が一つのポイントとなっていて、音程の「ずれ」としてはまず短二度の和音がいたるところに出てきます。リズムの方でも不規則なずれが多用されています。
スコアの見た目はかなり白い、つまり旗の多い連符が殆ど無いので譜読みは1番楽そうですね。実際の練習では合奏とかが重要そうです。フルスコアを読み込むのも大切でしょうね。練習すれば練習するほど新たな発見が出てくる曲だなと思います。音程の違うチャイニーズシンバル2つを用意するのが少し大変かもしれませんがぜひとも多くの団体に選んでほしい楽曲。しかしそう上手くは行かないんだろうな・・・
一聴しただけでは何が何やらわかりませんがだからこそ面白い曲だと思います。
ざっくり適当感想ですけど委嘱作品は「合わせてこそ」の楽曲が結構ありますよね。
岩井氏の「夢の明日に」はポップス曲ということで少し違いますけどパルセイションもセリオーソも、祈りの旅もこの曲も、一つのパートではあまりわからないですからね。ただシャコンヌSはメロディと伴奏がはっきりしてるのであまり当てはまらないかも?
合わせてこそ、という曲が書けるのはやはり腕のある作曲家だからこそ、ということでしょうか。もちろんわかりやすい曲が書けるのも腕あってだと思いますが。
Ⅴ番もたいてい合わせないと何がなんやら、って感じですけど(笑)
マーチ楽曲は伴奏パートも旋律パートも雰囲気つかみやすいような。
でも物は言いようってところかも?

Ⅳ.マーチ「プロヴァンスの風」
最初の旋律と中間部はかなり雰囲気が違いますね。
他の課題曲マーチとも結構異なった印象が強いです。
出だし、前半の主題、中間部の主題、などなど各部分がかなり独立して出てくる感じですね。
構成自体はよくある課題曲マーチっぽいですが曲としてはなかなか独特です。
それが演奏にどのように現れてくるか楽しみです。

Ⅴ.暁闇の宴
タイトルに込められた意味が曲に割と強く現れている印象。
「薔薇戦争より」ほど標題音楽としての性格は持っていないかもしれませんが暁闇(月明かりがなく暗い夜明け前)に潜む何かよくわからないものがうごめいている感じがします(ボキャ貧)
音楽としても、ハイハットと低音楽器のメロディの部分や最後のティンパニとチャイムのユニゾンなど、新鮮な音響の部分がなかなかおもしろいです。コントラバスのピチカートもときどき効果的に出てきます。少し暗い感じの和音が多めですが突然明るめの和音が一音飛び出すところが幾つかありこれもこの曲の特徴の一つかもしれません。
去年の「林檎」は譜読み自体は簡単でしたけど今年はまず譜読みに時間がかかりそうな曲ですね。それもなかなかおもしろいんですけど。僕が現役の吹奏楽部員だった頃にそういう課題曲をやったので。
難易度はもちろん高いですけど独特の要素がかなり面白い(と言うか個人的にツボ)なのでぜひとも多くの団体に選んでほしい楽曲ですね(二回目)

とりあえず感想はここまで。今年もコンクール様々な演奏が披露されます。楽しみ楽しみ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。