スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年度吹奏楽コンクール課題曲

2015年度の課題曲が届くのはもう少し先ですが、ここで昔の課題曲についてレビュー。

Ⅰ.ブライアンの休日 (内藤淳一)
少しテンポの早い軽快なマーチ。吹きづらいところもないですし、選んだ団体も多かったはずです。トランペットが吹くところがやや多めなので少し体力的にきつかった人もいるかも?
しばらくマーチとそれ以外の曲のどちらかだけ、と言う年が交互になっていましたがこの年から両方出てくるようになりました。これ以降で朝日作曲賞のマーチはライヴリーアヴェニューがありますが、やはりこちらも作りがしっかりしている印象。
次に朝日作曲賞のマーチが出てくるのはいつになるかな。

Ⅱ.晴天の風 (糸谷良)
有名な話ですが、糸谷さんは作曲時に高校生だったそうです。それもあっていろいろ独特な部分のあるマーチ。
それを曲の欠点と見る人もいますが、単純に聴くだけならかなり面白い曲だと思います。特にトリオのメロディやトランペットの合いの手は他にない感じ。ただ吹くとなるとやはりその欠点が吹きづらさにつながってしまうみたいです。実際Ⅰよりかはうまく聞かせるのが難しかったみたいです。とは言え、高校生で自分の曲が課題曲に選ばれるってのはかなりすごいことだと思うんですよね。憧れる。

Ⅲ.セリオーソ (浦田健次郎)
演奏者個々のスキルが試される楽曲だったと思います。最初のピッコロとバスクラリネットがしっかりしていなくてはいけないのはもとより、直管がミュートをつけた時もうまく演奏できるか、とか音程はしっかり合わせられるか、とかとにかく基本の部分が試されます。言ってしまえば、基本が本当にしっかりできていれば曲自体はあまり難しくないので、上手い団体が自分たちのスキルを披露するのにはいい曲だったのかも。ただ、曲全体に特殊な旋法が使われていて、音の合わせ方も、普段吹奏楽で和音を合わせるときに気にする「純正律」ではなくて「平均律」を使うべき、という点はなかなかミソ。基本が大切な一方、こういう特殊な部分もしっかりこなせるとかなりレベルの高い演奏になったんだろうな、というところ。委嘱作品ならではの「課題」が入った曲だったのかなと思います。

Ⅳ.天馬の道 ~吹奏楽のために (片岡寛晶)
キャッチーなメロディやかっこいい快速部分など、人気はありそう。
中間部がややもたれるのが残念ですが、なかなかの佳作だったのかなと思っています。
2006年の「海へ…」や2009年の「16世紀のシャンソンによる変奏曲」のように課題曲として演奏するとボロが出やすかったりうまく聞かせるのが難しかったりして、やっぱりあまり選ばれなかったようです。個人的にこの曲が好きなので、この作曲者の他の曲もこれから人気が広がっていくといいなと思っています。

Ⅴ.火の断章 (井澗昌樹)
歴代のⅤ、と言うか歴代課題曲の中でも短めの曲ですが、完成度が非常に高い曲。
曲名そのままに様々な形態の火の様子が目に浮かぶようで、標題音楽としてもかなり面白い曲です。
もちろん曲の中身も、Ⅴとしてのレベル含めとてもいい曲。あまりこれ以前には現れなかったような技法が多用されていてもしかしたらⅤという曲のあり方にも影響を与えたのかも?それは定かではありませんが歴代課題曲の中で良作をいくつか取り上げるとしたらこれが入っていてもおかしくないと思います。
井澗氏の「愛の祭壇」という曲もかなり良い曲なのでぜひぜひ聞いてみてください。

2008年はバラエティ豊かで面白かったと思います。こんな風にどんどん面白い曲が出てきてほしいですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。