スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年度吹奏楽コンクール課題曲

2012年度吹奏楽コンクール課題曲が決まったようです。
なんか早いですね。まだ今年の地区大会もあまり始まっていないのに。

課題曲 Ⅰ  さくらのうた 福田洋介 (第22回朝日作曲賞)
課題曲 Ⅱ  よろこびへ歩きだせ 土井康司
課題曲 Ⅲ  吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」 足立 正
課題曲 Ⅳ  行進曲「希望の空」 和田 信
課題曲 Ⅴ  香り立つ刹那 長生 淳
(第4回全日本吹奏楽連盟作曲コンクール第1位)
(全日本吹奏楽連盟ホームページより引用)

とのこと。

Ⅰの作曲者、福田洋介さんは2004年度の「吹奏楽のための『風之舞』」等で有名な方ですね。
金管アンサンブルの「華円舞」などの作品もあります。
この方の曲からは和風なイメージを感じますね。
たぶん「さくらのうた」も和の雰囲気を持っているんじゃないでしょうか。

Ⅱの「よろこびへ歩き出せ」の作曲者は僕は存じ上げない方ですね・・・
ということで調べてみました。
すると、讃美歌の作曲家のかたが見つかりました。
もしかしたらたまたま名前が同じだけかもしれませんが、
この人が「よろこびへ歩き出せ」の作曲者である可能性は高いですかね?
「よろこび」という言葉が讃美歌のイメージとしてある気がするのですが・・・
まあ、正式に課題曲が発売されたら分かりますし、それまで待ちましょう。

Ⅲの足立正さんは2002年度の「吹奏楽のためのラプソディア」の作曲者ですね。
「じゅげむ」というと落語が思い出されますが、いったいどういう曲なんでしょうか。
こちらも、(Ⅰとはまた違った)和風な曲なのかもしれないですね。

Ⅳの作曲者の方は航空中央音楽隊の隊員のようです。
公式サイトにも「号外」として課題曲入選のニュースが掲載されています。
航空中央音楽隊の隊員の作った曲が課題曲に入選するのは3度目とのこと。
今度はどんな曲なんでしょうか。
イメージとしては例年の課題曲マーチのような感じでしょうかね。

Ⅴの長生淳さんは「楓葉の舞」や「翠風の光」などを作曲した、
吹奏楽界では有名な方ですね。
まさか課題曲でこの方の名前を見ようとは・・・
もしかしたら、これまで朝日作曲賞に応募しても、
「朝日作曲賞としては」曲が難しすぎて採用されず、
全日本吹奏楽連盟作曲コンクールでようやく採用されたとか?
邪推ですね。すみません。
「躍動する魂」や「吹奏楽のためのスケルツォ第2番」のような雰囲気ではなく、
「薔薇戦争より 戦場にて」に近い雰囲気なんじゃないかと予想。
根拠はありません。タイトルからなんとなく感じただけです。

まあ、曲名と作曲者しか情報はありませんが、適当につづってみました。
「香り立つ刹那」っていうのも和風なイメージがするので、
来年度は和っぽい曲が多いかも?(ぇ
まあ、根拠なしにあまり書いても意味がないので、おとなしく1月を待つことにします。
楽しみだなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

どうでもいい話

このブログをGoogle Chromeを使って検索すると、
検索結果の「diesis bemolle」の部分に反応して
「これはイタリア語のページです。翻訳しますか?」
っていうバーが出てくるんですね。
最近気が付きました。

そもそもブログタイトルを考えてた時、
「音楽関係のブログだから音楽っぽいのつけよう」ってことで、
「シャープ フラット」をイタリア語訳した「diesis bemolle」にしたわけですが。

気がついたらこのブログを初めて4年。
最初のほうの記事を読むと
「うわー中学生くさい」って思いますね。いやはや恥ずかしい。
まあ、最近の記事を読んでも恥ずかしくなることもありますが・・・
続いてんだか終わってんだかわからないブログですが、これからもよろしくお願いします。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

大学に入って。

お久しぶりです。
とっくに受験は終わっていますが、合格報告。
無事第一志望に合格できました。
たしか、高校合格報告も受験が終わってしばらくしてからした覚えがあります(汗
まあ、それはよしとしましょう。

大学に入ったら作曲をやりたいだなんて大それたこと書いてましたが、
無理です。学校のレポートで手一杯でした。
ただ、後期からは少し楽になるので今度こそ作曲に挑戦できるかもしれません。
パソコンには「synth1」やら「Domino」やら、それっぽいフリーソフトが入れてあるので、
打ち込み曲を適当に作ろうかと思ってます。
機会があればこのブログに載せるかもしれないです。

ところで、これまでのブログでは文と文の間を2行空けて書いてきましたが、今日からはこんな感じで書こうと思います。特に意味はないですが、行を空けて書くのもあまり意味がないように思えたので。
というか、早く気が付けよ。といった感じですが。

大学ではビックバンドサークルに入りました。対バンの機会も多くて、他大学との交流ができるのが魅力的。
JAZZだけじゃなくて、ラテンミュージックやフュージョンをやる大学もあって面白いです。
最近はGil Evansのナンバーがお気に入りです。「Half man Half cookie」とか。
というか、この対バンのおかげでフュージョンというジャンルに出会えました。
正確に言うと、「こういう音楽をフュージョンっていうんだな」って初めて知ることができました。
やっぱり音楽っていいものです。一生何らかの形で関わっていきたいですね。

ちなみに、自分の所属バンドで僕はトロンボーンを吹いています。
今はまだまだですが、偉大な先輩方に近づく(あわよくば先輩を超える)のを目標に練習中。
吹奏楽とは違う点も多くて大変ですがやれるだけやってみようと思ってます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。