スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YBBJC

8/12、13に開催されたヤマノビッグバンドジャズコンテストに行ってきました。
二日間、全バンドを聴きましたがどこのバンドも流石に上手いですね。
個人的に特に好きだった演奏は愛知学院大学ですね。
個性的なナンバーを高い技術で仕上げてきていました。いやーかっこよかった。
このバンド以外もみなさんすごくかっこよくて、久しぶりに楽器が吹きたくなりました。

このコンテストは全国の大学生ビッグバンドが集まる
コンサートとしても楽しめるので、毎年楽しみにしています。
来年は国際フォーラムで開催らしいですね。
ホールがますます大きくなってどんどん発展しているなあ、と感じます。
スポンサーサイト

YBBJCあれやらこれやら

今回はYBBJCの話。
明治大学のBig Sounds Society Orchestra、通称BSというバンドはジャズのスタンダード曲を中心としたレパートリーで毎年出場し、素晴らしい成績を収めています。
優秀ソリスト賞受賞者も多く輩出し、プロのプレイヤーにもこのバンド出身の方が居ます。

僕が見たコンテストでは、クラリネットの方が最優秀ソリスト賞を受賞していました。
"Is It Wrong To Be Right?" という曲で披露していたクラリネットソロには本当に感動しました。
この曲はスタンダードナンバーからは少し外れますが、この年に他に演奏していた"Basie"はまさにスタンダードナンバーで、こちらでも圧巻の演奏を披露してくれました。

YBBJCでは様々なジャンルの曲が演奏されます。難解なコンテンポラリージャズや8ビートのロック調の曲、ラテン・ジャズ、そしてスタンダードな4ビート。どの曲も魅力的で、どのバンドもいい演奏を聞かせてくれます。そんな中でもジャズといえば多くの人が想像するのはデューク・エリントンやカウント・ベイシーなどのナンバーである4ビートだと思います。
「自分たちのスキルを披露する場」としてのコンテストでは正直効果の面で薄くなりがちなスタンダードナンバーを見事に演奏しきる彼らの技量には本当に驚かされます。明治大学BS以外にも大阪大学のThe New Wave Jazz Orchestraなどがスタンダードをレパートリーとしていますね。ここ2,3年だけで言えばBSよりも阪大のほうがその傾向が強いようです。

今年の夏もアツい演奏が繰り広げられることでしょう。非常に楽しみです。

YBBJCあれこれ2

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さて今回はYBBJCの話題。
実際に生で聴いたバンドが印象に残るのはもちろん、YBBJCの歴史の中で色んな意味で伝説的なバンドもあります。今日はそんなバンドについてあれこれ。

・国立音楽大学 New Tide Jazz Orchestra
2007年から2012年まで前人未到の6連覇を成し遂げた、学生ビッグバンド界では有名なバンド。
多くの音大勢の中でもトップクラスの実力を持つバンドでした。2013年も当然出場するものと考えられていたはず。
その年のYBBJCの宣伝ポスター等にも当初は名前が載っていましたがある日突然出場辞退が発表され、2014年も出場していません。推測でしかないですが、ある種の「殿堂入り」みたいな扱いなのかもしれません。
コンテンポラリー・ジャズを得意とし、カート・ローゼンウィンケルの"Zhivago"のようなリズムの難しい曲や、サックス奏者ビル・エヴァンスの"Starfish & the Moon"のような美しい曲など様々な曲調のナンバーを演奏し、そのどれもが非常にレベルの高い演奏でした。ソリスト賞受賞者も多数いて、最近では2011年の高井天音氏が受賞されています。もちろん、YBBJCに出場しなくなっても様々なところでライブを開催していて今もなお高レベルな演奏を届けてくれています。

・東京大学 Kingdom
このバンドはニュータイドとは別の意味で伝説的。
2008年の大会にのみ出場し、その時は13位という成績ですがバンドとしてのインパクトの強さ、演奏のクオリティ、そしてなにより某動画サイトにこの時の動画がアップされていることなどからこのバンドを知っている学バン関係者も多いのでは?
まず何故かDJブースが有り、パーカッション奏者の周りには大量の小物楽器が用意されていて見た目にも印象的。そして衣装は甚平や着物。これが記憶に残らないわけがない。
バンドメンバーの学年や数年前のYBBJCパンフレットを見ると気づきますが、このバンドは過去に他のバンドでYBBJCに出場した人物が多く参加しています。早い話が、このバンドは東京大学のメンバーを始めとした学バンのOBたちによるバンドです。そういう人たちがYBBJCに参加することの是非はおいといて。
一曲目から菊地成孔のかなり難しいポリリズムの曲を割りとあっさりこなすあたり、バンドメンバーの能力は非常に高いです。こういった「ネタ枠」としては惜しいくらい。OBによるバンドが現役を差し置いて10位以内に入賞するのはどうか、といった配慮からか、演奏時間をオーバーさせて審査点の減点を狙ったという噂も聞いたことがあります。(あくまでも噂ですよ!)

今年から社会人ビッグバンドのためのフェスティバルが同じ山野楽器主催で行われるなど、現役のビッグバンドサークルの団員でなくてもビッグバンドで演奏する機会が増えていきそうなので、これからキングダムのようなバンドの出場はもうないかもしれないですね。さっき書いたOBが出る事の是非もありますし。それはそれでちょっと寂しいような?

今日はここまで。また気が向いたらYBBJCについても書きます。

続きを読む»

YBBJCあれこれ

高校までは音楽系の部活というと吹奏楽やマーチングが多いイメージですが、大学になると、ビッグバンドサークルがあるところも多いです。そんな大学のビッグバンドサークルのためのコンテスト、山野ビッグバンドジャズコンテストが毎年8月に開催されています。僕は大学でジャズサークルに入っているので、このコンテストも見に行っています。どのバンドも演奏のレベルが高く、特に上位に入賞する学校はプロ顔負けのステージを見せてくれます。
3年前の第42回から毎年見に行っていますが、毎回毎回楽しむことができます。コンテストという形ですが、全国から集まったバンドによる大規模なライブという側面もあり、普段聞けない地域のバンドの演奏も聞けます。
そんなコンテストで、ここ4年で聞いたバンドとかについてつらつらと。あんま音楽的なこと書けないですが。

・慶応義塾大学 Light Music Society
このバンドは第一回から出場し続けている最古参バンド。その歴史に恥じぬ素晴らしい演奏を聴かせてくれます。最近の山野ではMaria Schneiderの曲などのコンテンポラリーを演奏していますね。このバンドのレパートリーで個人的に好きなのは若手作曲家Franky Rousseauの楽曲です。バンドのFacebookによれば氏の曲を日本で初めて演奏したのはこのバンドらしいですね。その縁で彼とライブを開いたこともあるみたいです。知っていれば行ったのに惜しいことをしました・・・ そういうわけで、日本における彼とこのバンドとの関係は切り離せないものになっています。特に、今年演奏していた"If Your Wisdom Was My Pride"はバンドのためにRousseau氏が書き下ろした楽曲のようです。全体的に、動きの多いパッセージよりも音の伸ばし中心に構成された曲で、演奏の難易度も高そうです。曲の最終盤、一番の盛り上がりを見せてからの突然の終息は鳥肌モノでした。Maria Schneiderの曲もなかなか難しいですが、そんな曲をきっちり演奏するのがこのバンドの持ち味ですね。来年からの演奏も楽しみです。

・愛知大学 Blue Stars Jazz Orchestra
今年の山野で個人的にお気に入りだったのがこのバンドです。一曲目の"Time Difference"は上原ひろみの楽曲。難しい変拍子の曲でチャレンジ精神が見られます。二曲目の"Shofukan"はインパクトがありました。パーカッションも楽曲にスパイスを加えていていい感じ。特に後半コーラスが入るところはすごくお気に入りです。一曲目の難解さと二曲目のキャッチーさの対比も楽しかったですね。他のバンドとは一線を画す選曲が印象深くて、来年も期待です。

・同志社大学 The Third Herd Orchestra
毎年上位の常連校ですが、特に昨年今年はそのサウンドに磨きがかかっている気がします。楽曲のアレンジはバンドオリジナルなのもこのバンドの持ち味。2013年の大会で聞いた一曲目は本当に衝撃的でした。優秀ソリスト賞を受賞したギターソロは圧巻。このバンドの演奏は、自分たちのバンドに誇りを持っている感じが伝わってきます。学生ビッグバンドの中でも唯一無二のサウンド、大好きです。



とりあえず三校。また書くかも。偉そうにいろいろ書いてますが、同世代の人たちがこんな演奏をしてるのを聞くと自分も頑張らなきゃな、って思います。

イン・ザ・ムード(In the Mood)

スウィングガールズなどでおなじみのジャズ、イン・ザ・ムード。


曲名を知らなくても、聞けばわかると思います。


グレン・ミラー楽団による演奏で大ヒットし、以後人気のジャズ曲。


作曲者はジョー・ガーランドという人です。


もともとお酒を飲んで演奏される曲だと聞いたことがあります。


本当でしょうか?(ぇ


まあ、クラシックだけでなく、ジャズに興じてみるのもいいですね。




FC2ブログランキング参加中。


人気ブログランキング参加中。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。