スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです。

お久しぶりです。就職活動も無事終わり、余裕ができました。
入社して忙しくなれば趣味に充てられる時間も減るんですかねえ。

明日からプロ野球のリーグ戦再開です。
横浜は現在6連敗中できついですが明日は勝ってほしいですね。

このブログは2007年6月からやっているので、
まだツイッターもフェイスブックも日本じゃほぼ知られていない頃ですかね。
日本でSNSといえばmixiだったんじゃないでしょうか。このころは登録してなかったけど。
2007年というと、自分は中学生でした。その頃は今でいうガラケーすら持っていませんでした。
そんな中でパソコンでブログをしたりウェブページを作ったりしてました。懐かしい。

ここでwikipedia情報ですがツイッターとフェイスブックについて調べてみました。
ツイッターは2006年7月にサービス開始、フェイスブックはサービス自体は2004年に開始したみたいですね。
そうするとこのブログ開設より前ということになりますが、
日本語版のサービス開始はどっちも2008年のようです。
流行り始めたのはいつくらいだったかなあ。自分が使い始めたのは2011年くらいからでしたが、
それより前から利用者は結構いたかもしれません。主に有名人とかだったかもしれませんが。
いざ、いつくらいの出来事だったかを思い出そうとしても、曖昧な記憶しか出てこないものですね。

僕のような一般人が特に主義主張を並べるでもなくやっているようなブログも少ないんじゃないかと思います。
そういうことはツイッターで済みますからね。僕も知り合いとの交流用にツイッターをやっていますし。
一応、このブログでは課題曲レビューをしたり野球の話をしたりし、
もう片方のブログでは小説を書いたり曲を投稿したりしてみましたが、頻度も少なかったですね・・・笑

このブログもいつまで続けるかわかりませんが、ふと曲をつくったり、
野球の感想を書きたくなったりしたらまた記事を投稿するかもしれません。
スポンサーサイト

あけましておめでとうございます

もう5日ですがあけましておめでとうございます。

さて、新年ということで直近の楽しみは吹奏楽コンクールの課題曲ですかね。
今年もCDとスコアを買おうかなと思っています。
2月になればプロ野球もキャンプ入り。練習試合やオープン戦も始まりますね。

個人的には、今年は就活なので私生活もより一層忙しくなりそうです。
このブログの読者、どれくらいいるのか、そもそも定期的に読んでいる方はいないんじゃないかと思っていますが、
もし少しでも見てくださっている方がいるなら、今年もよろしくお願いします。

ノーベル化学賞と文学賞

ノーベル化学賞と文学賞に日本人の受賞者はいませんでしたが、

ノーベル化学賞 スウェーデン人ら3人
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151007/k10010262461000.html

というわけで、DNAの修復機構についての研究により、
Tomas Lindahl ,氏
Paul Modrich 氏
Aziz Sancar 氏
の三名の科学者がノーベル化学賞を受賞されました!

んでもって、文学賞は

ノーベル文学賞はベラルーシのアレクシェービッチ氏
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151008/k10010263661000.html

というわけで
Svetlana Alexievich 氏
がノーベル文学賞を受賞です。
受賞理由は単純に訳せば「我々の時代における苦難と勇気の記念碑である、彼女の多面的な作品群に対して」
みたいな感じですかね。
まあもっといい訳はいろんなニュースサイトに載っているでしょう・・・

あとは平和賞と経済学賞ですね。
経済学賞はまだ日本人の受賞者がいませんが、トムソンロイター引用名誉賞に選ばれた研究者の方が確かいらっしゃったはずです。もしかしたら数年後くらいにその方の受賞があるかもしれませんね。

ノーベル生理学・医学賞

ノーベル生理学・医学賞に大村智氏ら3氏
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H7C_V01C15A0000000/


というわけで、
寄生虫による感染症に対する新たな治療法の発見により
William C. Campbell 氏
Satoshi Ōmura(大村智) 氏
の二名、
マラリアに対する新たな治療法の発見により
Youyou Tu氏

合計三名の研究者が、2015年のノーベル生理学・医学賞を受賞されました。

さっそく日本人の受賞者が出ましたね。おめでとうございます!
まあ医学はてんでわからないので、すごい研究なんだろうなあ・・・ くらいの認識しかないですが。笑

残りの発表がどうなるかにも注目ですね。

ノーベル賞

今日からノーベル賞の発表ですね。
昨年は日本人の受賞者が出ましたが今年はどうなるのでしょう。

ところで、今受賞している方達は少し前の結果が時間が経って功績を認められて受賞しているパターンが多いわけです。
山中さんのように結果から受賞までが早かった方も居ましたが、これは例外と言っていいでしょう。
というわけで、これから数十年先、自分らの世代が50代、60代になっていった時に受賞することがあるのか、すこ~し心配です。
なんだかんだそういう人が現れてくるのかなあ、とか思っていますが、そうも言ってられない今日このごろ。
自分の勉強している分野はノーベル賞とは無縁なので、あまり関係ないことかもしれませんが、もし仮に受賞者が出なくなっていってしまったら
それは寂しいことだなあ、って思っちゃいますね。
未来をやたら悲観するわけではないですし、むしろ自分は楽観主義を掲げている(?)のですが思うことある。そんなわけです。

自分のぼやっとした考えは置いといて、今年はどんな方がどんな功績で受賞するのか、また注目ですね。
日本人の受賞者が出たらまたこのブログでとり上げるかも知れません。

受賞者予想とかを書いてもいいんですが、どうやってもトムソン・ロイター引用名誉賞とかの受け売りになるのでやめときます。
気になる人はググろう!
FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。