スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイスターズの試合振り返り 3、4月編 その1

今日から日本シリーズですね。どちらが日本一になるか楽しみです。
さて、このブログではベイスターズの試合を勝手に振り返っていこうと思います。スポナビのプロ野球速報アプリで試合を見返しながら書いています。

3月25日 広 1 - 2 De マツダスタジアム 先発:井納
開幕戦は井納の頑張りで見事勝利!山口の代役での開幕投手でしたが、期待に応える素晴らしいピッチングでした。得点はルーキー柴田のタイムリーによる2点で、開幕戦のスタメン起用に応えてくれました。来年はさらなる活躍を見せてくれる!といいなあ。結局HR0に終わり全くと言っていいほど活躍できなかったロマックもこの試合ではヒットを放ち、2点目の得点のランナーになっています。このときはすぐにでもホームランが見られそうだなあ、と期待したんですがね・・・笑  山﨑も三者凡退ではなかったものの無事1セーブ目。

3月26日 広 3 - 1 De マツダスタジアム 先発:久保康
先制するものの逆転負け。10安打で1得点という結果で、3、4月の打線の不調がよく表れていますね・・・  ノーアウト3塁から得点できないなど、あと一本が出ないというシーンが本当に多かった試合です。

3月27日 広 6 - 3 De マツダスタジアム 先発:石田
三点リードするものの、結局逆転負け。戸柱のプロ1号と筒香の1号が出て景気のいい試合になるはずが、回途中の中継ぎで出てきた長田がリードを守れず敗戦という形に・・・ 

3月29日 De 2 - 6 巨 横浜スタジアム 先発:今永
記念すべき今永のプロ初先発試合。ですが負け投手に。失点はすべてHRによるものでした。得点も9回に2点を返したのみ。もちろんAクラスをこの時点で諦めるなんてことは思っていませんでしたが、それでも本当に大丈夫か・・・?と思い始めるような試合でしたね・・・

3月30日 De 6 - 3 巨 横浜スタジアム 先発:モスコーソ
今シーズン2勝目。前日までの嫌なムードをいったんは断ち切ることができたのではなかったかなあと。3点リードされ苦しい展開になりそうでしたが、5回裏に4得点、7回裏にも2得点で逆転勝利。ちなみにこの試合でロマックがデッドボールを受けて以降、本当に全く打てなくなってしまった気がします。もしかしたらこのデッドボールが原因かも・・・?なんて思ってしまいます。まあ、この試合の時点で打率.154なのでなんとも言えませんが。

3月31日 De 4 - 6 巨 横浜スタジアム 先発:砂田
筒香が菅野から3ランを放ち一時は同点に追いつきましたが、延長11回に福地がタイムリーを打たれ敗戦。延長10回にも平田がタイムリーを打たれていますが、その裏に同点に追いつくというかなり劇的な展開。1塁ランナーの下園が帰っていればサヨナラ勝ちでもっと劇的だったんですが、最終的には残念ながら力尽きてしまったという印象。それでも圧巻の投球をしていた菅野から得点したこの試合は負け試合でありながらかなり印象に残っています。

4月1日  De 2 - 1 阪 横浜スタジアム 先発:井納
下園のタイムリーでサヨナラ勝ち!8回まで3安打無得点と相手先発能見に完全に抑えられていましたが、9回裏筒香が初球をたたきホームラン!このころから筒香はここぞというときに打ってチームを勝利に導いてくれていました。先発井納も踏ん張って1失点で留まっていたのも勝利につながっていますね。ホームランの後は山下ヒットから戸柱センターフライ、桑原フォアボールで、最後に代打下園が決めてくれました。今シーズンは前半戦は代打下園、後半戦は代打後藤がかなり頼りになった印象です。後藤は敬遠気味のフォアボールも多かったものの、打った時はかなりいい活躍をしていたと思います。下園も前半戦はかなり勝負強く、それを象徴するのがこの試合だったかなあと思います。

とりあえず今回はここまでです。続きはまたいつか。
スポンサーサイト

プロ野球ドラフト会議

昨日はプロ野球のドラフト会議でした。ベイスターズも10人を指名しました。全員が入団してくれることを楽しみにしてます。来年も面白い野球が見られるといいなあ。

昨日のドラフト会議について、思ったことをつらつらと。指名選手一覧は次の通り。

1位 濵口 遥大 投手   神奈川大学
2位 水野 滉也 投手   東海大学北海道キャンパス
3位 松尾 大河 内野手 秀岳館高等学校
4位 京山 将弥 投手   近江高等学校
5位 細川 成也 外野手 明秀日立高等学校
6位 尾仲 祐哉 投手   広島経済大学
7位 狩野 行寿 内野手 平成国際大学
8位 進藤 拓也 投手   JR東日本
9位 佐野 恵太 内野手 明治大学
育成1位 笠井 崇正 投手 信濃グランセローズ

まず、目玉選手のことについてですが、大学ビッグ3といわれた柳くん、田中くん、佐々木くん、それに高校ビッグ4の藤平くん、高橋くん、寺島くん、今井くんは獲得できませんでした。はじめの一位指名は柳くん、その外れ一位で佐々木くんでしたが、佐々木くんの時もくじを外してしまいました。まあ、くじびきは仕方ないですね。ですが濵口くんも非常にレベルの高い左腕には間違いありません。コントロールが良くないときがある、つまり安定感がないらしいのが不安なポイントですが、そこは入団後の育成に期待します。
各選手について、アマチュア野球にはあまり詳しくないので細かいコメントはできませんが、それでも細川くんには非常に期待しています。今年の夏の甲子園には出ていないものの、将来の大砲候補、筒香の後継者を目指して頑張ってほしいです。もちろん球団の育成の手腕にも期待。投手では、水野くんに期待。右のサイドスローということで加賀のような活躍を期待します。まずは先発からなのかな?8位の進藤さんにも期待です。社会人ということで即戦力としての獲得かなと思います。もちろんほかの選手も、活躍を期待していますよ。
今年のドラフトで指名された選手が無事入団して、ベイスターズで活躍してくれる日が今からとっても楽しみです。

2015年の横浜DeNAベイスターズ 投手編その5

シリーズ続き。今回で投手編は終わりです。

58 大田阿斗里 一軍登板なし
残念ながら戦力外に。けれどもパドレスとマイナー契約を結びました!ここ二年は登板機会がほぼなかったとはいえ、2013年を見ると活躍が期待できないわけでもなかったなあと思います。海の向こうでの活躍を願っています。

62 萬谷康平 4試合1勝0敗 1.50
国吉・砂田とならぶ育成の星。たぶん。年齢がネックになっての育成入団だったと思います。たしか。 怪我でほとんど活躍できませんでしたが、二軍で先発をしたりと可能性を感じる投手ですね。来年はどういう起用かわかりませんが、中継ぎでも先発でも、活躍が見たいですね。

65 国吉佑樹 28試合3勝2敗 2.43
成績を見れば割と優秀なのですが、いかんせん与四球が非常に多いので投球の印象はかなり悪いんじゃないかなあと思います。
ストレートの力は本当にすごいものを持っていると思うので、どうにかもう一皮むけてほしいですね。

67 加賀美希昇 一軍登板なし
活躍を期待されていましたが、ついに戦力外に。二軍では好投球を見せる試合と炎上する試合とを繰り返し、なんだかさみしい状況に。背番号が大きくなってがけっぷちでの一年でしたが、残念ながらこのような結果に。
ですが今後は社会人野球でのプレーが決まっていますね。そちらでの活躍に期待です。

68 砂田毅樹 14試合3勝5敗 3.20
育成の星。対右の被打率など、課題は多いですがファンも期待している選手だと思います。というか僕が期待しています。
左腕不足だったベイスターズに現れた新星です。まだまだ今後が楽しみ。

100 今井金太 一軍登板なし
残念ながら支配下登録されることなく戦力外に。独立リーグに派遣されたりと修行を積みましたが・・・
投球を見ていないので何とも言えないのですが、こういうのはさみしいですね・・・


以上、今年のベイスターズ投手陣について個人的な感想を述べてみました。
ブログというか、自分の覚書みたいなところがありますね・・・
新戦力も加わり、さらに楽しみな投手陣。来年はどんな投球を見せてくれるのでしょうか。

2015年の横浜DeNAベイスターズ 投手編その4

シリーズ続き。投手編と銘打ちましたが果たして野手編は書けるのか・・・?

45 土屋健二 一軍登板なし 
忙しさで更新できない間にファーム成績が閲覧できなくなってました・・・正直投球を見てないのでわかりませんが、一軍に上がれなかったということはそういうことなのでしょう・・・
肩痛もありましたし、いろいろ難しかったのかもしれないですね。今までお疲れさまでした。

46 田中健二朗 35試合2勝2敗1S 2.20
今年ついに中継ぎエースとして覚醒・・・というほどにはまだなってませんが、それでもかなりの躍進。特に前半は山﨑の休養のために抑えに任命されたりといった活躍をしました。タナケンのカーブは決まると見ていて気持ちがいいので、来年も活躍がたくさんみたいですね。正真正銘中継ぎエースと呼べるように!

47 高橋尚成 6試合0勝1敗 8.64
元メジャーリーガーもついに引退。自分が小さいころからいる選手なので、なんだかさみしいです。横浜ではいろいろあって結局1勝もできず、悲しさもありますが、仕方ないですね。これからは解説者などで活動するみたいですね。
自分が昔から見ていたスポーツ選手が引退すると、自分まで年を感じてしまいますね・・・ まだ23ですが。

48 山下峻 一軍登板なし
実際の投球を全く見ていないので正直コメントが・・・
ファンが言うのもなんですが大卒でまだ一軍登板なしとなるとそろそろ危ないのかな・・・なんて考えてしまいます。

49 モスコーソ 15試合3勝6敗 5.19
故障で離脱するまでは安定した投球でしたが、その後は勝てずじまいに・・・  いったいどうしてこうなってしまったんだ・・・
来年こそは・・・!来年こそは・・・! ジーモの大活躍を見たいですね。

53 エレラ 52試合5勝4敗 2.96
シーズン当初はかなり危うさがありましたが、後半、とくにハマスタでは変化球が冴えわたり安心してみていられる中継ぎでした。
故障で離脱してしまったのが心配ですが、残留が決まっているので来年も楽しみにしたいですね。

54 小杉陽太 27試合3勝3敗 4.33
そろそろクビが近い・・・というところから躍進!ロングリリーフや時には勝ちパターンの中継ぎとして活躍!シーズン通してよい成績を残すことはできませんでしたが、来年も十分期待できるんじゃないかなあ。反面特に伸びずに終わってしまう可能性もありますが、良いほうに良いほうに考えたいなあと思います。

56 長田秀一郎 45試合4勝1敗 2.06
来年で14年目の中堅リリーフ。今年も渋い活躍でした。特に1点差ツーアウト満塁の場面で登板して巨人村田を見逃し三振にとり、お立ち台にも上がった試合。アレはシビれましたね。あとは長田の後に逆転したり勝ち越したりして、勝ちが付く試合が多い印象。いわゆる勝ち運ですね。特に9回に梶谷のタイムリーの後、筒香が逆転2ランを打った巨人戦なんかはそうですね。もっと年俸上がってもいいんじゃないかなあと思いますよホント。

今日はここまで。今年中に書き終わるかなあ・・・?(二回目)

2015年の横浜DeNAベイスターズ 投手編その3

メリークリスマス!
気が付けば今年が終わりそうになってしまいました。
この記事はさすがに年内に終わらせたい・・・ ということでクリスマスとは全く関係ない野球の話。

34 平田真吾 28試合0勝2敗 3.38
一軍の試合に出始めたころはそこそこの投球でしたが、大事な場面で打たれることが多く印象が悪いですねえ・・・ファンとしてはもう一皮むけた姿を見たいですね。変化球が決まれば結構いい中継ぎになれると思ってるんですが・・・

35 三上朋也 21試合1勝1敗 0.81
シーズン前に怪我してしまい、ファンやチームが期待したような活躍はできず。けれど復活してからは主に8回を任されてましたね。怪我が響いて年俸減でしたが来年は大活躍!してくれるはず。というかしてほしい。

41 大原慎司 21試合0勝1敗 4.02
ルーキーイヤーからの酷使、それに昨シーズンの怪我が響いているのか、どうもパッとしない感じになってしまいました。左のワンポイントとして素晴らしい投球を見せてくれることもありましたが、点差の開いた勝ち試合を大原で締められず結局山﨑を使うことになるなど、悪い印象の残った試合がありました。来年はどうなるのでしょう。少し心配ですが・・・

42 ビロウ 1試合0勝1敗 33.75
うーんノーコメント。コメントのしようが・・・
防御率がすべてを語っています・・・

43 安部建輝 5試合0勝1敗 2.89
ロングリリーフとして少しだけ活躍を見せてくれました!けれどせっかく首脳陣の信頼を得そうだったところで印象の悪い失点の仕方をしてしまい二軍落ち。そのあとは確か一試合だけ一軍で投げてましたね。まだチャンスはあると思うので来年に期待。

今回はここまで。 今年中に終えられるかなあ・・・?
FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。