スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また更新を滞らせてしまった

すみません、ベイスターズ試合振り返りも結局一週目しかできませんでしたね・・・
テキスト速報のデータも今シーズン版に変わってしまったので振り返れません・・・
見ていた方がどれくらいいらっしゃるかはわかりませんがすみませんでした・・・


さて、しかも今年初の更新です。といっても書くことがないので今回はお詫びの記事ということで・・・
またいつか更新します。
スポンサーサイト

ベイスターズの試合振り返り 3、4月編 その1

今日から日本シリーズですね。どちらが日本一になるか楽しみです。
さて、このブログではベイスターズの試合を勝手に振り返っていこうと思います。スポナビのプロ野球速報アプリで試合を見返しながら書いています。

3月25日 広 1 - 2 De マツダスタジアム 先発:井納
開幕戦は井納の頑張りで見事勝利!山口の代役での開幕投手でしたが、期待に応える素晴らしいピッチングでした。得点はルーキー柴田のタイムリーによる2点で、開幕戦のスタメン起用に応えてくれました。来年はさらなる活躍を見せてくれる!といいなあ。結局HR0に終わり全くと言っていいほど活躍できなかったロマックもこの試合ではヒットを放ち、2点目の得点のランナーになっています。このときはすぐにでもホームランが見られそうだなあ、と期待したんですがね・・・笑  山﨑も三者凡退ではなかったものの無事1セーブ目。

3月26日 広 3 - 1 De マツダスタジアム 先発:久保康
先制するものの逆転負け。10安打で1得点という結果で、3、4月の打線の不調がよく表れていますね・・・  ノーアウト3塁から得点できないなど、あと一本が出ないというシーンが本当に多かった試合です。

3月27日 広 6 - 3 De マツダスタジアム 先発:石田
三点リードするものの、結局逆転負け。戸柱のプロ1号と筒香の1号が出て景気のいい試合になるはずが、回途中の中継ぎで出てきた長田がリードを守れず敗戦という形に・・・ 

3月29日 De 2 - 6 巨 横浜スタジアム 先発:今永
記念すべき今永のプロ初先発試合。ですが負け投手に。失点はすべてHRによるものでした。得点も9回に2点を返したのみ。もちろんAクラスをこの時点で諦めるなんてことは思っていませんでしたが、それでも本当に大丈夫か・・・?と思い始めるような試合でしたね・・・

3月30日 De 6 - 3 巨 横浜スタジアム 先発:モスコーソ
今シーズン2勝目。前日までの嫌なムードをいったんは断ち切ることができたのではなかったかなあと。3点リードされ苦しい展開になりそうでしたが、5回裏に4得点、7回裏にも2得点で逆転勝利。ちなみにこの試合でロマックがデッドボールを受けて以降、本当に全く打てなくなってしまった気がします。もしかしたらこのデッドボールが原因かも・・・?なんて思ってしまいます。まあ、この試合の時点で打率.154なのでなんとも言えませんが。

3月31日 De 4 - 6 巨 横浜スタジアム 先発:砂田
筒香が菅野から3ランを放ち一時は同点に追いつきましたが、延長11回に福地がタイムリーを打たれ敗戦。延長10回にも平田がタイムリーを打たれていますが、その裏に同点に追いつくというかなり劇的な展開。1塁ランナーの下園が帰っていればサヨナラ勝ちでもっと劇的だったんですが、最終的には残念ながら力尽きてしまったという印象。それでも圧巻の投球をしていた菅野から得点したこの試合は負け試合でありながらかなり印象に残っています。

4月1日  De 2 - 1 阪 横浜スタジアム 先発:井納
下園のタイムリーでサヨナラ勝ち!8回まで3安打無得点と相手先発能見に完全に抑えられていましたが、9回裏筒香が初球をたたきホームラン!このころから筒香はここぞというときに打ってチームを勝利に導いてくれていました。先発井納も踏ん張って1失点で留まっていたのも勝利につながっていますね。ホームランの後は山下ヒットから戸柱センターフライ、桑原フォアボールで、最後に代打下園が決めてくれました。今シーズンは前半戦は代打下園、後半戦は代打後藤がかなり頼りになった印象です。後藤は敬遠気味のフォアボールも多かったものの、打った時はかなりいい活躍をしていたと思います。下園も前半戦はかなり勝負強く、それを象徴するのがこの試合だったかなあと思います。

とりあえず今回はここまでです。続きはまたいつか。

プロ野球ドラフト会議

昨日はプロ野球のドラフト会議でした。ベイスターズも10人を指名しました。全員が入団してくれることを楽しみにしてます。来年も面白い野球が見られるといいなあ。

昨日のドラフト会議について、思ったことをつらつらと。指名選手一覧は次の通り。

1位 濵口 遥大 投手   神奈川大学
2位 水野 滉也 投手   東海大学北海道キャンパス
3位 松尾 大河 内野手 秀岳館高等学校
4位 京山 将弥 投手   近江高等学校
5位 細川 成也 外野手 明秀日立高等学校
6位 尾仲 祐哉 投手   広島経済大学
7位 狩野 行寿 内野手 平成国際大学
8位 進藤 拓也 投手   JR東日本
9位 佐野 恵太 内野手 明治大学
育成1位 笠井 崇正 投手 信濃グランセローズ

まず、目玉選手のことについてですが、大学ビッグ3といわれた柳くん、田中くん、佐々木くん、それに高校ビッグ4の藤平くん、高橋くん、寺島くん、今井くんは獲得できませんでした。はじめの一位指名は柳くん、その外れ一位で佐々木くんでしたが、佐々木くんの時もくじを外してしまいました。まあ、くじびきは仕方ないですね。ですが濵口くんも非常にレベルの高い左腕には間違いありません。コントロールが良くないときがある、つまり安定感がないらしいのが不安なポイントですが、そこは入団後の育成に期待します。
各選手について、アマチュア野球にはあまり詳しくないので細かいコメントはできませんが、それでも細川くんには非常に期待しています。今年の夏の甲子園には出ていないものの、将来の大砲候補、筒香の後継者を目指して頑張ってほしいです。もちろん球団の育成の手腕にも期待。投手では、水野くんに期待。右のサイドスローということで加賀のような活躍を期待します。まずは先発からなのかな?8位の進藤さんにも期待です。社会人ということで即戦力としての獲得かなと思います。もちろんほかの選手も、活躍を期待していますよ。
今年のドラフトで指名された選手が無事入団して、ベイスターズで活躍してくれる日が今からとっても楽しみです。

YBBJC

8/12、13に開催されたヤマノビッグバンドジャズコンテストに行ってきました。
二日間、全バンドを聴きましたがどこのバンドも流石に上手いですね。
個人的に特に好きだった演奏は愛知学院大学ですね。
個性的なナンバーを高い技術で仕上げてきていました。いやーかっこよかった。
このバンド以外もみなさんすごくかっこよくて、久しぶりに楽器が吹きたくなりました。

このコンテストは全国の大学生ビッグバンドが集まる
コンサートとしても楽しめるので、毎年楽しみにしています。
来年は国際フォーラムで開催らしいですね。
ホールがますます大きくなってどんどん発展しているなあ、と感じます。

2017年度吹奏楽コンクール課題曲

タイトル通り、来年度の吹奏楽コンクール課題曲が決まったみたいですね。
吹奏楽連盟のページによれば

課題曲Ⅰ スケルツァンド (江原大介)
課題曲Ⅱ マーチ・シャイニング・ロード (木内 涼)
課題曲Ⅲ インテルメッツォ (保科 洋)
課題曲Ⅳ マーチ「春風の通り道」 (西山知宏)
課題曲Ⅴ メタモルフォーゼ~吹奏楽のために~ (川合清裕)

とのこと。
一番の江原さんは2008年課題曲Ⅴの「躍動する魂」の作曲者ですね。
朝日作曲賞と全日本吹奏楽連盟作曲コンクール第1位との両方を受賞されたのは、
江原さんのほかに広瀬正憲さんがいますね。広瀬さん作曲の課題曲には
2010年の課題曲Ⅰ「迷走するサラバンド」と
2013年の課題曲Ⅴ「流沙」の二つがあります。
曲名のスケルツァンドは音楽用語で「戯れるように」といった意味ですね。

二番の木内さんについては情報がありません・・・
ざっと検索してみたところでは、
茨城県立日立第一高等学校の指揮者さんが同姓同名でした。
2012年の日本管楽合奏コンテストのために同校の指揮をされていたようです。
一番吹奏楽に関係ありそうなのはこの方ですかね。
もちろんこの曲の作曲者とは全く違う方である可能性もありますが。

三番の保科さんは吹奏楽界では重鎮といってもいいくらい有名ですね。
「風紋」や「古祀」など数々の名曲を作った方です。
連盟の委嘱曲ということで、どんな曲か楽しみです。
インテルメッツォは間奏曲という意味ですが、
特に何かの連作の一部というわけではないかもしれません。
間奏曲風の雰囲気を持った曲という意味かも?

四番の西山さんですが、こちらの方も情報がありません。
検索すると社長や自転車の選手など同姓同名の方がたくさん見つかりますが、
音楽に関係ありそうな方は見つかりませんでした。
会報すいそうがくを待つしかないですね。
曲名には「風」が入っています。課題曲の名前にはよく「風」が入っている気がします。

五番の川合さんは現音作曲新人賞などを受賞された作曲家の方のようです。
同姓同名の方が・・・って可能性も0じゃないですが、
課題曲Ⅴのことや現代音楽の作曲家ということを考えて、まあこの方でしょう。
吹奏楽作品は見つかりませんが、ピアノ曲の作品がYoutubeに上がっています。
洗足学園のアカウントなので、川合さんも洗足学園の関係者なのかもしれません。

曲名と作曲者名だけから分かること・想像できることをいろいろ書いてみました。
会報すいそうがくの作曲者コメントが出れば、
もっといろいろわかると思うので今後はそれを待つことにします。

お久しぶりです。

お久しぶりです。就職活動も無事終わり、余裕ができました。
入社して忙しくなれば趣味に充てられる時間も減るんですかねえ。

明日からプロ野球のリーグ戦再開です。
横浜は現在6連敗中できついですが明日は勝ってほしいですね。

このブログは2007年6月からやっているので、
まだツイッターもフェイスブックも日本じゃほぼ知られていない頃ですかね。
日本でSNSといえばmixiだったんじゃないでしょうか。このころは登録してなかったけど。
2007年というと、自分は中学生でした。その頃は今でいうガラケーすら持っていませんでした。
そんな中でパソコンでブログをしたりウェブページを作ったりしてました。懐かしい。

ここでwikipedia情報ですがツイッターとフェイスブックについて調べてみました。
ツイッターは2006年7月にサービス開始、フェイスブックはサービス自体は2004年に開始したみたいですね。
そうするとこのブログ開設より前ということになりますが、
日本語版のサービス開始はどっちも2008年のようです。
流行り始めたのはいつくらいだったかなあ。自分が使い始めたのは2011年くらいからでしたが、
それより前から利用者は結構いたかもしれません。主に有名人とかだったかもしれませんが。
いざ、いつくらいの出来事だったかを思い出そうとしても、曖昧な記憶しか出てこないものですね。

僕のような一般人が特に主義主張を並べるでもなくやっているようなブログも少ないんじゃないかと思います。
そういうことはツイッターで済みますからね。僕も知り合いとの交流用にツイッターをやっていますし。
一応、このブログでは課題曲レビューをしたり野球の話をしたりし、
もう片方のブログでは小説を書いたり曲を投稿したりしてみましたが、頻度も少なかったですね・・・笑

このブログもいつまで続けるかわかりませんが、ふと曲をつくったり、
野球の感想を書きたくなったりしたらまた記事を投稿するかもしれません。

あけましておめでとうございます

もう5日ですがあけましておめでとうございます。

さて、新年ということで直近の楽しみは吹奏楽コンクールの課題曲ですかね。
今年もCDとスコアを買おうかなと思っています。
2月になればプロ野球もキャンプ入り。練習試合やオープン戦も始まりますね。

個人的には、今年は就活なので私生活もより一層忙しくなりそうです。
このブログの読者、どれくらいいるのか、そもそも定期的に読んでいる方はいないんじゃないかと思っていますが、
もし少しでも見てくださっている方がいるなら、今年もよろしくお願いします。

2015年の横浜DeNAベイスターズ 投手編その5

シリーズ続き。今回で投手編は終わりです。

58 大田阿斗里 一軍登板なし
残念ながら戦力外に。けれどもパドレスとマイナー契約を結びました!ここ二年は登板機会がほぼなかったとはいえ、2013年を見ると活躍が期待できないわけでもなかったなあと思います。海の向こうでの活躍を願っています。

62 萬谷康平 4試合1勝0敗 1.50
国吉・砂田とならぶ育成の星。たぶん。年齢がネックになっての育成入団だったと思います。たしか。 怪我でほとんど活躍できませんでしたが、二軍で先発をしたりと可能性を感じる投手ですね。来年はどういう起用かわかりませんが、中継ぎでも先発でも、活躍が見たいですね。

65 国吉佑樹 28試合3勝2敗 2.43
成績を見れば割と優秀なのですが、いかんせん与四球が非常に多いので投球の印象はかなり悪いんじゃないかなあと思います。
ストレートの力は本当にすごいものを持っていると思うので、どうにかもう一皮むけてほしいですね。

67 加賀美希昇 一軍登板なし
活躍を期待されていましたが、ついに戦力外に。二軍では好投球を見せる試合と炎上する試合とを繰り返し、なんだかさみしい状況に。背番号が大きくなってがけっぷちでの一年でしたが、残念ながらこのような結果に。
ですが今後は社会人野球でのプレーが決まっていますね。そちらでの活躍に期待です。

68 砂田毅樹 14試合3勝5敗 3.20
育成の星。対右の被打率など、課題は多いですがファンも期待している選手だと思います。というか僕が期待しています。
左腕不足だったベイスターズに現れた新星です。まだまだ今後が楽しみ。

100 今井金太 一軍登板なし
残念ながら支配下登録されることなく戦力外に。独立リーグに派遣されたりと修行を積みましたが・・・
投球を見ていないので何とも言えないのですが、こういうのはさみしいですね・・・


以上、今年のベイスターズ投手陣について個人的な感想を述べてみました。
ブログというか、自分の覚書みたいなところがありますね・・・
新戦力も加わり、さらに楽しみな投手陣。来年はどんな投球を見せてくれるのでしょうか。
FC2カウンター
プロフィール

カプチーノ

Author:カプチーノ

このサイトはリンクフリーです。

最新記事
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。